iPhone 持ち込みの新規契約(MNP)をした。

さて、ひとつ前のエントリーで、au –> ソフトバンクの MNPをした経緯を書いたのだけれど、このとき面白いことがあった。

事前に情報収集をしていた、ソフトバンクの代理店の店員の説明で、ソフトバンクでは現在、回線契約だけのSIMの発行はできないと言われていた。端末持ち込みについても、回線契約が生きている(現役の)端末への新規回線の追加もできないとのこと。

そこで、SIMフリーの Android 端末を調達して、回線契約のみが可能な docomo へ向かった。しかしながら、端末購入を伴わない契約の場合、選べるプランの制限が厳しく、目論んでいた料金での運用ができないことが判明。

そこで、ダメ元で表参道のソフトバンクショップを訪ねた。係りのお姉さんに、恐る恐る聞いてみる。

「回線契約のみって受け付けてもらえますか?」

「それはできません。使用される予定の端末はお持ちじゃないですか?」

「言いづらいんですが、海外端末なので…、お姉さんに迷惑かけてもいけないので。」

「回線の開通時に端末を登録しないとシステムの制限で手続きができないんですよ。」

「なるほど。なら、代理店ではできないと聞いたんですが、今使ってる iPhone への新規回線の追加ってやっぱりできないですよね?」

「んー、正直やってみたことがないので、システムが受け付けてくれるのか…、一度やってみましょうか?」

というような流れで、ダメだと思っていた、使用中の iPhone への新規回線の契約追加を試してもらえることに。

で、結論としては、この契約有効になった!なので、1台の iPhone に対して、SIMが2枚の運用が可能に。MNP した新規回線のSIMを iPhone に入れて、もう一枚は塩漬けにすることに。元の回線はエビバデキャンペーンの契約なので、385円/月。

とりあえず、ダメと決めつけずに、試してくれたお姉さんありがとう!ソフトバンクも柔軟に対応してくれてありがとう!

まあ、新調しちゃった端末は、結果必要なかったわけだけれど、ちょうど Android 端末がおもちゃに欲しかったこともあって、まあ、仕方ないと割り切って。実際、おもちゃっぽい端末だし。

au IS01 を買った。

と言っても、実際に買ったのは、発売直後。エントリーにするのをさぼっていた。

きっかけは、もともと持っていた au の回線を ソフトバンク に MNP して、メインの番号を iPhone に持っていきたかったこと。それで、誰でも割の終了を待って、回線を移行しに向かった。

で、事前のtwitterでの情報や、ふらりと立ち寄ったヨドバシカメラのauコーナーで、IS01の売れ行きをうっかり聞いてしまい、新規で回線追加をしてしまったという流れ。色は在庫が残っていた水色。こういう類のものは黒は買わない主義なのでちょうどよかった。

購入後、三ヶ月ほど経過したわけだけれど、正直あまり使いこんでいない。同時にもう一台、Android 1.6 の端末を買ってしまったので、実験という意味では分散しちゃってる。どちらかが早くアップデートしてくれるといいのだけれど。

キーボードについては、あちらこちらでいわれている通り、打ちやすいとは言いづらい。正直タイピングスピードは、iPad の方が早い。けれど、酷評するほど悪くもないというのが感想。ま、要は用途によるというありきたりな結論。

8円運用前提(デビュー割って名前変わって継続なんだよね?)で、迷ってるなら買っちゃえば?と勧めたい。正直、事前の評判ほど悪くない。本体も傷がつく心配もないので、裸でがしっと持っても出かけられるしね。

OSのアップデートが来たら、もう一度ちゃんと使ってみる予定。気が向いたら、またエントリーを上げる。

CoNexee その後

先日立ち上げた、携帯サービス
つながる名刺コネクシー http://cnxee.com
を、使ってもらった人からのフィードバックを元に、
画面の文言修正しました。


元々は、UIデザインの実験として、
運営が定義した固有名詞(マイミク的な言葉)を多く使って、
独特の世界観を構築。


しかしながら、わかりづらいとの声が多かった。


なので、そこで新しい設定では、
一般的な名詞の中から機能を連想しやすい言葉を選択、
極力、普通の言葉を配置。


この変更が、わかりやすさにどれだけを影響を与えるか、
これも実験の一つ。


あと、色違いの基本テンプレートを二つ追加しました。


ぜひ、使ってみてください。


つながる名刺コネクシー CoNexee

http://cnxee.com

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ