新書系電子書籍考 2012春

朝TLを辿っていて見かけたこのエントリー

新iPadはたまげた。拡大縮小という面倒な操作無しで日経新聞が読めます
F's Garage @fshin2000

まさにこんな感じ!と思いつつ、関連して一つ感じたのが、縦書きのアプリ系電子書籍の問題。
Retinaの画面では、段組みなしのレイアウト、小さ目のフォントに設定すると、今度は反対に読むのが苦痛なレベルに感じる。理由としては、縦画面だと一行に入る文字数が多すぎて疲れる印象が強い。

あと、この週末長時間の移動があったので、iPhoneで縦書きの電子書籍アプリ読んでいたのだけれど、こちらもまたあんまりいい体験とは言えなかった。
まずUIの問題として、縦書きレイアウトの場合、画面左をタップで次ページとか、左から右にスワイプといった操作が多いけれど、右手持ちでは、これがかなりのストレスの要因になる。

Flipborad for iPhone を使った印象が、片手操作の場合、下から上へのスワイプは、確実に体験としては上質だということ。この操作感であれば、タップでページ送りすら不要と思っている。

そしてiPadの縦書き問題とは反対に、既存のiPhone電子書籍アプリで縦書きレイアウトの場合、フォントを相当小さくしても縦の文字数が足りていない。なので、一文の折り返しが多いわりに、視線の移動も多くなる。その上で、横書きのレイアウトより視線移動の距離が長くなってしまうので、読んでいて疲れる & 情報が頭に残りにくいことに。

これらはあくまで新書的な内容においての話。

縦書きのほうが雰囲気がでる類のものはまた別の考察が必要。
新書的な内容の情報系(?)電子書籍は、そのコンテンツが一部のWebサイトと競合するわけで、Webの体験よりストレスフルでは生き残れないと思う。
まあ、それならePubでいいじゃないかという結論になりそうだけど、問題は販売手段。

個人的には、iPhoneではePub、iPadで縦書きなら段組みレイアウトされた商品を選びたいなと思った次第。
ちなみに、ここでいう縦書きのほうが雰囲気がでるっていうのは、こういうの「くらげごはん。 」も含んでいて、その範囲は広いので、これまた一つに括ってはいけないのかも。

要は、単純にKindleはよ来い、ってことかもしれません。

退職者を送り出すこと

昨日は、退職される方を送り出すということで、社としての送別会があった。

私自身はまだ社歴も浅く、入社前の個人時代の顧客としてのお付き合いも長くはないため、彼のことをそれほど「よく」知っているわけではないのだが、彼のブログは昔からよく参考にさせてもらっていたので、一方的な信頼感というか親近感というものを感じていた。入社を決めた理由の一つであったことは間違いなく、少しさみしい気分で送別会に参加した。

送別会は、横浜みなとみらいのロイヤルパークホテルの68F中国料理「皇苑」で、業務時間中のお昼から行われ、食事後に皆で展望台にも上った。会の中身は少しのビールが入って和やかな、楽しい雰囲気で、私も参加前のさみしい気持ちはどこへやらといった感じであったが、今日のエントリーテーマはそこではなく、この送別会の持つ意味について考えたい。

スタートアップにとって、人がすべてというのは言い過ぎでは無いと思う。そして、その立ち上がりの時期を共に作ってきた仲間が一人卒業していく。それを、その人のメモリアルになるように会社として公式に業務時間を使って送り出すための会を催す。

これは社長からの最大限の敬意と謝意の表れなのだろうと解釈している。もちろん、スタートアップだからこそできることであって、会社の規模が大きくなれば、人の出入りは必然的に増え、そこまでの細かなケアが出来なくなるのは当然。

とはいえ、私がこれまで見てきたスタートアップの野心的な経営者たちに、そのような素振りはなかった。会を催すことが重要だといっている訳ではない。従業員に敬意を表することができるか、ということだ。本来これはベンチャーに限ったことではない。ベンチャーでは個人への依存度が高く、代替性が低いことから、資源としての「ヒト」の重要性が高いということではあるが、社会というのは人が組み合わさって出来ているのだから。

「ベンチャーは人がすべて。」

経営に行き詰まったり、なんども同じ失敗をしてしまう経営者の方々は今一度原点に戻ってみてはいかがだろうか?朝、皆の顔を見て自分から敬意を込めて挨拶をするだけでもいい。気付くことがあるはずだ。

去りゆく仲間への餞として、また、今回このような機会を作ってくれた社長への感謝として、そして、業界の仲間として、過去にすれ違ってきた数々の経営者たちへのエールに、このエントリーを記録しておく。

「ら抜き」言葉って気になりますか? - 教えて!ウォッチャー


http://blog.goo.ne.jp/oshiete_watcher/e/e04305f218370d12b3eb4274bdcad11c

この記事の主旨自体は、言葉は変わっていくものだし、個人的には例に出されてるような言葉は「バカっぽくてやだ」って程度でどうでもいいけれど、それより、文頭の「寝れない」って言葉を「書く」ことある?という疑問。

状況的に「寝られない(横になれない)」ことがあるのはわかるけど、そんなことわざわざ書くことってあるのかなあ?(地獄のミサワ的に話す人はいるのかもしれない)

眠いのに眠りにつけないって意味だと、普通は「眠れない」って書くよね。と、ふとこの記事がどちらの意味でこの言葉を書いたのか気になったという。これまたどうでもいい話。

ここまで書いて、「なれない」とか「眠れない」ってのも、ずっと昔は「成られない」「眠られない」で、ら抜きになった言葉なんだろうな、と古に思いを馳せた冬の夜。(無理やりまとめた)

iPadに見た電子書籍の未来

最近、iPadのケースを外して使い始めたところ、ちょっと冷たいものの、しっくりくるようになってきて、触っている時間が長くなった。

で、そんな状況なので、App Storeの利用回数も増える。

トップページに出ていた「深海のとってもかわった生きもの」が気になったので衝動買いしてみた。でも、このアプリが未来なのかというと、そうではなく。

このアプリの内容を眺めているときに、幻冬舎のその他のアプリをチェックしたのだけれど、そこに吉田修一の「パレード」があった。

もうだいぶ前になるけれど、映画の予告編を見て気になっていて、原作を買おうかと考えていたことを思い出し、ついでにこのアプリも購入。

書評をする気はないけれど簡単にまとめるなら、文体はさほど好みではないが、最後までするすると読み終えたので、それなりに読みやすい内容だったというところか。

では、このアプリが何か革新的で未来だったのかというと、別にそんなことはない。単なるドットブックで、むしろもっと頑張れといいたいところ。

さて、本題。

そもそもこの作品を読んでみようと思ったきっかけが映画の予告編。読みながらも映画の出演者を思い浮かべていた。読み終えてから、キャストの詳細が知りたいと思い、そのままiPadで検索をして、キャストを確認する。

なかなか魅力的な俳優陣だなあということで、やっぱり映画も観てみたい気分。読み終わったばかりで、モチベーションは高い。ということで、iTunes Storeに作品があったら観てしまおうと検索をしてみた。

結果としては、iTunes Storeにはこの作品はなかった。なので、未来を見たというよりは、未来のかけらを見たくらいなのだけれど、この一連の流れが、まさにコンテンツホルダーとしては理想の消費者の行動じゃないかと。

  1. 気付き
  2. 購入
  3. 消費
  4. 周辺情報へのアクセス
  5. 理解の向上
  6. 関連商品の検討
  7. 1に戻る

ユーザーの視点でいえば、この一連のフローがリビングにいながら一つの端末で決済の手間を掛けることなく完結できる。これってちょっとすごいな、と夜中にひとり、その可能性を強く感じた。頭では理解していたものの自身の経験としてこのフローを通過できたのはとても大きい。

そして惜しむらくは、iTunes Storeに映画がなかったこと。ここには、利権の問題はあろうとは思うが、ユーザーエクスペリエンスを向上させることで利用者、利益を確保・拡大させていくことを第一に、コンテンツホルダーに頑張ってほしいと思う。

Webrick で “https” を使う

WebrickのSSL起動について、ググってみるといくつか情報があり、スクリプトを公開してくれているブログなんかもあるのだが、自分の環境ではどうにもうまくいかない。

当初、OpenSSLのエラーが出るため、そちら周りに気をとられていたのだけれど、スクリプトをよくよく追いかけてみると、単なるスクリプトの問題だと気付いた。

この公開されていたスクリプトは、単純にWebrickをSSLEnableにして起動する「だけ」のスクリプトで、Configまわりやプラグインなんかは、華麗にスルーしていた。

ということで、ご本家のスクリプトをベースに、起動スクリプトを書き直してみた。

script/webrick_ssl

#!/usr/bin/env ruby
require File.expand_path('../../config/boot',  __FILE__)

require 'active_support'
require 'action_controller'

require 'webrick'
require 'webrick/https'

require 'fileutils'
require 'optparse'

# TODO: Push Thin adapter upstream so we don't need worry about requiring it
begin
  require_library_or_gem 'thin'
rescue Exception
  # Thin not available
end

options = {
  :Port        => 3001,
  :Host        => "0.0.0.0",
  :environment => (ENV['RAILS_ENV'] || "development").dup,
  :config      => RAILS_ROOT + "/config.ru",
  :detach      => false,
  :debugger    => false,
  :path        => nil
}

ARGV.clone.options do |opts|
  opts.on("-p", "--port=port", Integer,
          "Runs Rails on the specified port.", "Default: 3001") { |v| options[:Port] = v }
  opts.on("-b", "--binding=ip", String,
          "Binds Rails to the specified ip.", "Default: 0.0.0.0") { |v| options[:Host] = v }
  opts.on("-c", "--config=file", String,
          "Use custom rackup configuration file") { |v| options[:config] = v }
  opts.on("-d", "--daemon", "Make server run as a Daemon.") { options[:detach] = true }
  opts.on("-u", "--debugger", "Enable ruby-debugging for the server.") { options[:debugger] = true }
  opts.on("-e", "--environment=name", String,
          "Specifies the environment to run this server under (test/development/production).",
          "Default: development") { |v| options[:environment] = v }
  opts.on("-P", "--path=/path", String, "Runs Rails app mounted at a specific path.", "Default: /") { |v| options[:path] = v }

  opts.separator ""

  opts.on("-h", "--help", "Show this help message.") { puts opts; exit }

  opts.parse!
end

server = Rack::Handler::WEBrick

puts "=> Booting #{ActiveSupport::Inflector.demodulize(server)}"
puts "=> Rails #{Rails.version} application starting on http://#{options[:Host]}:#{options[:Port]}#{options[:path]}"

%w(cache pids sessions sockets).each do |dir_to_make|
  FileUtils.mkdir_p(File.join(RAILS_ROOT, 'tmp', dir_to_make))
end

if options[:detach]
  Process.daemon
  pid = "#{RAILS_ROOT}/tmp/pids/server.pid"
  File.open(pid, 'w'){ |f| f.write(Process.pid) }
  at_exit { File.delete(pid) if File.exist?(pid) }
end

ENV["RAILS_ENV"] = options[:environment]
RAILS_ENV.replace(options[:environment]) if defined?(RAILS_ENV)

if File.exist?(options[:config])
  config = options[:config]
  if config =~ /\.ru$/
    cfgfile = File.read(config)
    if cfgfile[/^#\\(.*)/]
      opts.parse!($1.split(/\s+/))
    end
    inner_app = eval("Rack::Builder.new {( " + cfgfile + "\n )}.to_app", nil, config)
  else
    require config
    inner_app = Object.const_get(File.basename(config, '.rb').capitalize)
  end
else
  require RAILS_ROOT + "/config/environment"
  inner_app = ActionController::Dispatcher.new
end

if options[:path].nil?
  map_path = "/"
else
  ActionController::Base.relative_url_root = options[:path]
  map_path = options[:path]
end

app = Rack::Builder.new {
  use Rails::Rack::LogTailer unless options[:detach]
  use Rails::Rack::Debugger if options[:debugger]
  map map_path do
    use Rails::Rack::Static
    run inner_app
  end
}.to_app

puts "=> Call with -d to detach"

trap(:INT) { exit }

puts "=> Ctrl-C to shutdown server"

begin
  options.merge!({
    :SSLEnable       => true,
    :SSLVerifyClient => OpenSSL::SSL::VERIFY_NONE,
    #:SSLCertificate  => OpenSSL::X509::Certificate.new(open("server.cert", "r")),
    #:SSLPrivateKey   => OpenSSL::PKey::RSA.new(open("secret-key.pem", "r")),
    :SSLCertName    => [["CN", WEBrick::Utils::getservername]]
  })
  server.run(app, options.merge(:AccessLog => []))
ensure
  puts 'Exiting'
end

GyaO!の見逃しオンデマンド

先週のSPECの放送、飲みに行ったらHDDレコーダーがおかしくなって、電源が入らなかったらしく、録画ができていなかった。

ということで、GyaO!のTBSオンデマンドから見逃しの1話分を買ってみた。

ぶっちゃけ値段に関しては、映画1本のレンタルから考えれば高い気もする。けれど、Yahoo!ウォレットの登録が済んでいる場合、iTunesにも似た気楽さ、簡便さのあるサービスだと思う。手続きに関しては、日本発のその他のサービスのような面倒なところは全くなく。

上記のドラマ見逃し1本分の値段は正直高い気もするのだけれど、CMが入らず、映像のクオリティはそこそこ。しかも、見逃し1シーズン分だと、1500円に消費税ということで、これなら本当に見たいドラマなら、録画なんてしないで初めからパックで購入しちゃえばいいんじゃないかとすら。

次のクールからTBSのドラマで観たいものがあって、他局とかぶったら初めから見逃しパックの購入を考えようと思う。

iPadアプリのGyaO!でも有料コンテンツの対応が始まることを祈って、このエントリーを終わる。

雑感

それにしても、このブログ自分で読んでもフォローのないエントリーばっかり。

しばらく使ってみる、とか書いておいて、その後の評価がないのはどうなのよ、と突っ込みを入れておく。要改善。

iPod touch を買った。

新 iPod touch を買った。

発表の日の朝、とりあえず予約。刻印は入れず。予定より出荷は早まったものの、一部のユーザーよりは後になっての到着だった。

またも、ヤマトとの相性が悪く、出かけるギリギリまで待機していたのだけれど、配達予定日には受け取れず、翌日の再配達でようやく受け取り。

初代のiPod touch を発売日に買ったくちな上、iPhone 3GS ユーザーでもあるので、特に感動もないものの、その薄さ、軽さと、Retinaの精細さには目を見張った。

ホットモックや友人の iPhone 4 で見てはいたものの、この touch を長時間使ってから、3GS に戻るとそのドットの粗さにびっくり。人間の慣れっていうのは恐ろしくて、Retinaがすごい!ではなくて、Retinaになれた後の、これまでの普通がダメとなってしまうのだなあと。

電池の関係もあって、やっぱり音楽プレーヤーは専用で持ちたいタイプなので、もともと鞄に余裕があるときは二台持ちしていたのだけれど、これは持ち出す頻度があがるだろうなと。

箱もちっこい。

DSC00020

3GS、新touch、初代touch の三兄弟。

DSC00023

この写真で見ても薄さがわかるな。



iPhone 持ち込みの新規契約(MNP)をした。

さて、ひとつ前のエントリーで、au –> ソフトバンクの MNPをした経緯を書いたのだけれど、このとき面白いことがあった。

事前に情報収集をしていた、ソフトバンクの代理店の店員の説明で、ソフトバンクでは現在、回線契約だけのSIMの発行はできないと言われていた。端末持ち込みについても、回線契約が生きている(現役の)端末への新規回線の追加もできないとのこと。

そこで、SIMフリーの Android 端末を調達して、回線契約のみが可能な docomo へ向かった。しかしながら、端末購入を伴わない契約の場合、選べるプランの制限が厳しく、目論んでいた料金での運用ができないことが判明。

そこで、ダメ元で表参道のソフトバンクショップを訪ねた。係りのお姉さんに、恐る恐る聞いてみる。

「回線契約のみって受け付けてもらえますか?」

「それはできません。使用される予定の端末はお持ちじゃないですか?」

「言いづらいんですが、海外端末なので…、お姉さんに迷惑かけてもいけないので。」

「回線の開通時に端末を登録しないとシステムの制限で手続きができないんですよ。」

「なるほど。なら、代理店ではできないと聞いたんですが、今使ってる iPhone への新規回線の追加ってやっぱりできないですよね?」

「んー、正直やってみたことがないので、システムが受け付けてくれるのか…、一度やってみましょうか?」

というような流れで、ダメだと思っていた、使用中の iPhone への新規回線の契約追加を試してもらえることに。

で、結論としては、この契約有効になった!なので、1台の iPhone に対して、SIMが2枚の運用が可能に。MNP した新規回線のSIMを iPhone に入れて、もう一枚は塩漬けにすることに。元の回線はエビバデキャンペーンの契約なので、385円/月。

とりあえず、ダメと決めつけずに、試してくれたお姉さんありがとう!ソフトバンクも柔軟に対応してくれてありがとう!

まあ、新調しちゃった端末は、結果必要なかったわけだけれど、ちょうど Android 端末がおもちゃに欲しかったこともあって、まあ、仕方ないと割り切って。実際、おもちゃっぽい端末だし。

au IS01 を買った。

と言っても、実際に買ったのは、発売直後。エントリーにするのをさぼっていた。

きっかけは、もともと持っていた au の回線を ソフトバンク に MNP して、メインの番号を iPhone に持っていきたかったこと。それで、誰でも割の終了を待って、回線を移行しに向かった。

で、事前のtwitterでの情報や、ふらりと立ち寄ったヨドバシカメラのauコーナーで、IS01の売れ行きをうっかり聞いてしまい、新規で回線追加をしてしまったという流れ。色は在庫が残っていた水色。こういう類のものは黒は買わない主義なのでちょうどよかった。

購入後、三ヶ月ほど経過したわけだけれど、正直あまり使いこんでいない。同時にもう一台、Android 1.6 の端末を買ってしまったので、実験という意味では分散しちゃってる。どちらかが早くアップデートしてくれるといいのだけれど。

キーボードについては、あちらこちらでいわれている通り、打ちやすいとは言いづらい。正直タイピングスピードは、iPad の方が早い。けれど、酷評するほど悪くもないというのが感想。ま、要は用途によるというありきたりな結論。

8円運用前提(デビュー割って名前変わって継続なんだよね?)で、迷ってるなら買っちゃえば?と勧めたい。正直、事前の評判ほど悪くない。本体も傷がつく心配もないので、裸でがしっと持っても出かけられるしね。

OSのアップデートが来たら、もう一度ちゃんと使ってみる予定。気が向いたら、またエントリーを上げる。

«CEREVO CAM live! を買った。

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ